▲レインボーモデルです。

 CIMG1710b.jpg
レインボーモデル2種類です。
2本とも同寸同サイズのモデルになりますが、
5節と7節の発光の違いを解るように並べてみました。
5節では、21尺以上の長竿で1本前後の棚で使用する場合に使用し、
7節では、同じ21尺以上の長竿でも4本以上の棚で使用します。
例えば、5節と7節を逆に使用すると、5節で4本以上の棚の場合はウキが近くにある為に
節間が広く見えすぎて大きなアタリでも細かく感じ、また7節で1本前後の棚ですと
節間が細かく見えて見えづらく感じます。
この様に、同寸同サイズでも節間により、ハッキリと違いがありますので
各々の用途、視力等々で最適な釣りが出来るよう願っております。
また、全灯式のファイバートップは標準で6節に設定しておりますが、5節や7節のオーダーも無料で承っております。(LEDモデルの灯増しは別途になります)
トップ先端から徐々に狭くなるテーパー節仕様や黒節を広くした点発光仕様等々、各種様々な状況に応じたモデルをご用意しておりますので、最適なモデルをぜひ手に入れて下さい。

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)